2016年8月17日 (水曜日)

「日本国憲法、米が書いた」:米副大統領発言(8./16)

ちょっと興味深い話があったので記事にしとこう。

バイデン副大統領「日本国憲法、米が書いた」 (毎日新聞,8/16)
>【ワシントン会川晴之】バイデン米副大統領は15日、東部ペンシルベニア州スクラントンで民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の応援演説をし、「私たちが(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と語った。

発言は、米大統領候補のドナルド・トランプ氏がこれまで日本の核武装を容認する発言をしたことに対し、批判したもの。米政府高官が、日本国憲法を「アメリカが作った」と発言するのは極めて異例のこと。
バイデン副大統領は、発言の中で、「(トランプ氏は)学校で習わなかったのか?」とまで言ったらしいが、米国では学校の歴史教育で「日本国憲法は米国が作った」って本当に教えてるのだろうか。まあそこはそう教えるのは米国の自由だが、基本的なことなので確認しておこう。

ハーグ陸戦条約(1907年調印)
第43条:国の権力が事実上占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な支障がない限り、占領地の現行法律を尊重して、なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、施せる一切の手段を尽くさなければならない。

要するに、占領下にした国の憲法を勝手に作るのはハーグ陸戦条約という戦時国際法違反になるのである。日本国憲法が制定されたのは1947年、サンフランシスコ講和条約が発効する前のGHQ占領下であるから、このときに「米国が日本国憲法を作っちゃいました」だと戦時国際法違反をやりましたと言ってることになるのだ。まあ、是非こういう議論はもっと盛り上げてもらいたいものだ。

なお、今年3月に横畠裕介内閣法制局長官が参院予算委員会で「核兵器の使用は憲法上禁止されていない」と答弁したことがニュースになっていたが、内閣法制局の憲法解釈として、核兵器の使用は違憲ではない、というのが実はずっと前からの公式の日本政府の立場である。こういう基本的な事柄も忘れないでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金曜日)

「日本国憲法前文リレー」:参院選、民進党CM(7/1)

7月になりました。まだ梅雨空ながらもう暑いですね。
先月はまさかの英国EU離脱の衝撃が世界を走った。世界経済への悪影響が懸念されるのはその通りなのだが、一方、そのおかげで日本の政府もこれでデフレ脱却の政策をもう少しは真面目に打つ気になってくれそうな気配に、正直言って「むしろよかった」というくらいに思ってたりする。アベノミクス半ばで消費税増税はするわ、第二の矢をやめて緊縮財政をやらかすわ、もちろんマスメディアも野党もデフレ脱却どころかそもそもマクロ経済をさっぱり理解してない言説だらけで閉口するわ、さんざんな有様ではそう思いたくもなる。
さて、今日は経済ではなく以下のニュース、

民進党CM第2弾は日本国憲法前文リレー(7/1,Yahoo!ニュース、ソース元は日刊スポーツ)
>民進党は6月30日、参院選期間中にテレビやインターネットなどで新たに放送するCMの第2弾を発表した。
>1つは、18歳への選挙権年齢引き下げや、安倍晋三首相の改憲姿勢を意識し、18~19歳の若者らがカメラの前で、日本国憲法の「前文」のフレーズをリレー方式に語り継ぐ内容。

えーと・・・、

>党は「選挙の厳粛さと、日本国憲法前文の素晴らしさを、世の中に問いかけたい」としている。

あまりの素晴らしさに呆れ果てて泣きたくなりました。
はっきり言おう、現憲法で9条なんかよりも遥かに忌まわしい、最悪の文言が仕込まれているのがまさしくこの前文だ。すなわちこの部分、

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

若干日本語がヘンなのはまあしょうがない、GHQが占領期に速攻1週間で作ったものでしかも原文は英語ですから。何がどう最悪なのか皆さん理解してます?

「平和を愛する??、

独裁国家で国内では人権弾圧しまくり公害・毒物吐きまくり外には軍拡しまくり南沙諸島で尖閣諸島で侵略しまくりのあんな国

とか、

独裁国家でこれまた自国民は飢えまくり粛清しまくり人権弾圧しまくり、日本人拉致するわ核ちらつかせるわのあんな国

とか、

一応独裁国家じゃないんだかだけどキチガイ反日言説が跋扈し、竹島は不法占拠するわ「慰安婦問題」だかあることないことないことないこと嘘八百を世界中に垂れ流してゆすりたかり嫌がらせしまくりのあんな国

とか、

の公正??と信義??を信頼して???、われらの安全と生存を保持しようと決意しちゃった」


んだってさ。
ネット上では民進党のそのCMはすでに閲覧できた。テレビでも放送するのだろうか。しっかりその目でみて恥じましょう、斯様な稚拙で有害でひどい文章を自国の憲法として未だ掲げ続けなければならないことを、そしてそのような代物を「素晴らしい」とかほざいている人たちが日本の野党第一党になりおおせている現実を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日曜日)

千代田のさくらまつり&皇居・乾通り一般公開(4/2)

さて、毎年恒例の花見写真ですが、今回は特別企画として九段の桜に加えて、皇居・乾通りの一般公開にも行ってきました。ほんとは公開期間は終わっている予定だったのですが、桜の満開時期に合わせて3日まで期間が延びたため急遽の実現となりました。そんなわけで、皇居乾通り→北の丸公園→日本武道館→千鳥ヶ淵→靖国神社と都心の桜てんこ盛りツアーでした。

皇居乾通り一般公開について(平成28年3月25日~4月3日)、宮内庁

皇居「乾通り」 桜が見頃 大勢の人でにぎわう(NHK,4/2)
皇居・乾通りの桜、満開に…3日まで期間延長(読売新聞,4/2)

Dsc_0325sDsc_0328sDsc_0332s
坂下門、宮殿、宮内庁庁舎。吹上御所の宮殿はニュース映像では見たことがありましたが、直に見るのは初めてでした。

Dsc_0334sDsc_0336sDsc_0338s
山下通り、局門、門長屋

Dsc_0343sDsc_0347sDsc_0352s
道灌濠、乾濠、坂下門。道灌濠はまるで山奥に来たかのような雰囲気。都心の真ん中に400年保存された自然の風景。

Dsc_0357s
北の丸公園を抜けて千鳥ヶ淵へ

Dsc_0361sDsc_0363sDsc_0366s
おなじみ靖国神社に到着。また飲んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月曜日)

トランプ氏、在日米軍撤退と日本の核保有容認:米大統領選(3/28)

ちょっと面白かったので記事にしておく。

トランプ氏の「在日米軍撤退」発言、政府が懸念、(3/27,読売新聞)
トランプ氏、日本の核保有容認を示唆 在日米軍撤退論も、(3/27,朝日新聞)

トランプ氏、日韓の核保有容認を示唆、(3/28,東京新聞)
トランプ候補の止まらぬトンデモ安保論…「日韓の独自の核保有いとわず」「在日米軍撤退を」、(3/28,産経新聞)
トランプ氏発言 日本政府内は困惑 話題作りか見極め (3/28,毎日新聞)

その発言が物議をかもしている米共和党の大統領候補のトランプ氏。まあメディアを熟知しているトランプ氏は自身のキャラを逆手に取って、わざと過激な発言をして回ってる部分もあると思われる。そして、今回の「在日米軍撤退論」と「日本の核武装容認論」。日本政府はもちろん困惑気味の反応。そして日本のマスメディアの反応もなんとなく面白い。親米保守の産経新聞が見出しで「トンデモ」とまで書いて一番批判的、反米左派の朝日新聞や東京新聞、毎日新聞なども早速取り上げるも、どう扱ってよいのやら、という雰囲気をなんとなく感じる。
まあ、わざと過激な発言をしているのは見ての通り。もしトランプ氏が本当に大統領になってとしても、必ずしも過激な発言通りのことがそのままできるとは想像しにくい。
ただ、はっきり言おう。

トランプおじさん、よく言ってくれたよとw

ま、各方面からツッコミを受けてる通り、トランプ氏が正確な知識を持っているのかな?と思う場面はあるものの、日米安保に片務性があるのは事実。また、アメリカの影響力が下がりつつあるのも事実。やれ中国だ北朝鮮だと東アジアの脅威はますます拡大する中で、たまには「もし在日米軍がいなくなったら」を想像してみろよと、日本もちったぁ自主防衛を意識してみろよ、と常々思う。在日米軍がもしいなくなったらどうするの?サヨクの方々が言うように非武装になるとか本当にできるとでも思ってる?隣の某人権弾圧しまくりの独裁国家が核ミサイルを何百発も向けている、日本の領海近くまで軍艦をウヨウヨ近づけてくる。そんな状態でも、日本は相変わらず「うちは核のない平和国家です」、なんて呑気に言ってられるとか本気で思ってるの??そう、問いかけたいね。
ついでにさらにちょっと面白かったのは、米メディアでトランプ氏が日米安保の片務性について主張したとき、アメリカのマスコミ側がツッコミ材料として、日本が米軍に対する支援としては最大の、いわゆる思いやり予算年間9500億円を支出していることに触れたこと。そんな話が米メディア上で流れたことも貴重な機会だったと言える。
まあ、このオジさんが本当にアメリカ大統領になっちゃったら、どうなるのか一抹の不安がないと言えばウソではあるが、いっそもうしばらく暴れててくれと思いたくもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金曜日)

年末から今日まで、ここ1か月のニュースより(1/29)

うーむ、相変わらず日々ニュースは多く言いたいことはあるのだが、ここには書きそびれてしまうことが多い。でもここ一か月はなかなかでかいニュースもあり、twitterでは話題にするもののここで触れないのはちとくやしい。
よって、以下この一か月のニュースな話題を駆け足で。

1) 慰安婦問題日韓合意(12/28)
 まあ、正直残念なニュース。20年前の河野談話の頃から少しは進歩はしてくれるかと思いきや、残念ですが変わらなかった。それもそのはず、以下は当施設で紹介した竹島問題に関する書籍紹介だが、ここで触れた一言がすべてを言い表している。
書籍紹介:「竹島は日韓どちらのものか」 (2005年4月16日当施設記事)
>事実よりも感情や理念が先走る韓国側の傾向、論争を避ける日本側の事なかれ主義に原因があると指摘する

双方の国民性が300年筋金入りじゃ、20年くらいでそう簡単に変わるわけがないと考えた方がよさそうだ。今回も同じノリで日韓の交渉をしてしまい、結果予想通りの祖語だらけ。まあまだ延々火種は続くでしょう。あちら側のウソ話で、海外で日本の名誉が傷つけられる現状にもう少し真剣に対抗してほしいものだが、国内で大きく報道されこの問題に疑問を持ち怒りを覚えた日本国民がだいぶ増えたこと自体は唯一よかったことか。

2)台湾総統選、8年ぶり民進党に政権交代(1/16)
蔡英文氏率いる民進党の大勝は予想通りだったが、ともあれよかった。以前の陳水扁政権時代は、立法院(日本の国会にあたる)の議席は国民党が多数のねじれ状態で、政権として脆弱さを抱えていた。だが今度は立法院でも過半数を確保し、前回とは状況は全く異なる。さらには2年前に立法院占拠事件に始まるひまわり学生運動から生まれた政党が議席を取るなどの驚くべき動きもあった。台湾の世論調査でも、自分を「台湾人」と思う人が6割を超え過去最高。1992年には18%未満だった数字から年々増加し、ようやく台湾社会において多数の声となったといえる。経済における中国依存など、もちろんまだ課題は多いが応援したい。

さてここからはここ2,3日以内のニュース。

3) 天皇皇后両陛下、フィリピン公式訪問(1/26)
当施設も取材したことのあるあのパラオ・ペリリュー島に昨年は公式訪問された両陛下、今度は同じく先の大戦でフィリピン人、そして日本人が多く犠牲になったフィリピンのかつての激戦地を訪問された。チャンネル桜が伝えていたが、現地フィリピンのメディアではもうびっくりするほどの特大の扱いで報じられているとのこと。

4) 甘利経済再生担当大臣辞任(1/28)
甘利大臣 現金受け取り認め閣僚辞任を表明(NHK、1/28)
甘利明経済再生担当大臣は、自らの事務所が千葉県の建設会社から現金を受け取ったと報じられたことについて、受け取った事実について認め辞任を表明。今回の事件、週刊文春が報じた内容から、あまりにも怪しすぎな怪事件である。伝えられた内容から以下の事実がある。
 ・本人が受け取った分という50万円。まあ庶民にははした金ではないが、政治献金としては妙に少額。
 ・受け取りのやりとりは最初から隠し撮りで録音・撮影されていた。
 ・さらには本人が受け取った50万円はなぜか紙幣の番号まで記録されていた。

本人も認める事実がある以上は責任を取らされるのはやむを得ないかもしれないし、本人の落ち度の言い訳にはならないという点はお断りした上で言えば、これどう考えたって嵌められた以外の何物でもない。さて、甘利氏を陥れて一体誰が得をするのかが非常に気になるところだ。

5) 復元零戦、鹿児島で試験飛行(1/28)
復元した零戦、鹿屋の空を飛ぶ…操縦は米国人(読売新聞,1/28)
以前当施設記事(所沢航空公園に行ってきました:現存する唯一の飛行可能な零戦3月末まで展示(2/11))で飛行可能な零戦を所沢まで見に行ったことを書いたが、復元した零戦を日本国内でテスト飛行したとのこと。動画がネットのそこらじゅうで公開されているので楽しめる。

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«初詣に行ってきました(1/3)