« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日曜日)

テポドン2号は発射直後に墜落していた:日米政府分析

いかん、このところの多忙につき、しばらく更新が止まってしまってました。しかし、テポドン発射と安保理決議、自民党総裁選、そしてあからさまなまでのタイミングで昭和天皇メモですかい。こういうときに限って次から次へいろいろな事件が起きてくれるよ全く。まあそれぞれのニュースについては順次触れていくことにしよう。

テポドン2発射直後墜落、基地数十キロ内に…政府分析 読売新聞(7/30)

これにしたって、施設長は一ヶ月以上前から、今日は撃つか今日は撃つかと待っていたのだが、なかなか撃たない「撃つ撃つ詐欺」(笑)。挙句撃ったらこのざまかよ。合計7発。まあ、テポドンのターゲットは(努力目標だが)アメリカで日本ではない。今回何発も撃ったノドンは紛れもなく日本を標的としたミサイルで、日本的にはむしろノドンあたりはしっかり撃てる能力が証明されたこと、これははっきり脅威として捉えるべきである。
今回のミサイル発射の動機は、アメリカの金融制裁を解除させるため、アメリカを交渉の席につかせようとしたもの、とよく言われている。実際2,3日前の報道でも、北朝鮮は6カ国協議再開の条件として、金融制裁の解除を要求してきている。

北朝鮮「6カ国協議再開、金融制裁の解除が先」 日本経済新聞(7/28)

テポドン2号が失敗することはおそらく北は最初から予想していたのではないか。だから最初は「撃つ撃つ詐欺」でなんとかと思ったがアメリカ他どこも動じない。しかたなく撃ってテポドンは大コケするが、そのためノドン他のミサイルも撃った。そんなところだろう。結果はもちろん逆効果としか言いようがなく、上述のソースの通り中国までも金融制裁に加わり、日本も来月北朝鮮の資産凍結と送金停止を実施する。撃てばそれも予想の範疇という気がしなくもないのだが、それでもポンコツミサイルを撃たなきゃならなかったのだから、北が今いかに必死すぎな状態になっているかが想像できる。
要するに、経済制裁は効くということだ。

| | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »