« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月20日 (火曜日)

ネット流行語、おや?意味が違う!?(11/15)

 ここしばらくも忙しく、少し日が経ってしまったがこいつは是非記事にしておく。
 安倍前首相の記者会見で辞任についての謝罪をしたあとの9月25日のこと、コラムニストの石原壮一郎氏が朝日新聞の朝刊にコラムに「最近の若者の間では『アベする』という言葉が流行している。安倍首相が体調不良を理由に辞任した事に例え、仕事も責任も放り投げだすという意味であり、そのような流行語を首相が作ってしまったのがカナシイ」と書いた。これに対しネット上では「そんな言葉聞いたことがない」「捏造してんじゃねーよ」の声が続出した。2ちゃんねるなどを中心に、この朝日新聞の記事を皮肉って、”捏造する”という意味の新語、「アサヒる」という言葉が誕生、今日の時点でgoogleで「アサヒる」を検索するとヒット数約 1,540,000 件、検索結果上位にはこの「アサヒる」の話題専用のサイトがいくつもヒットする(検索結果は11/19現在)など、逆にこの「アサヒる」がネット上で正真正銘の流行語になってしまう事態に至っていた。これがここ1~2ヶ月ほどの動きである。
 さて、去る11月15日に日本テレビ系列で放送された「おもいッきりイイ!!テレビ」にてこのネット上の新語「アサヒる」が紹介された。まずはその問題の部分をYouTube動画で見てみよう。


「アサヒる」紹介される? (YouTube)
#以上はデリられる可能性があるが、まあデリってもデリってもこの動画は出回ってるようである。(:p

動画後半、レポータが説明する「アサヒる」の意味を書きおこしておく。

「アサヒというのは朝日新聞の”朝日”のことなんですよ。で、朝日新聞が政治などに対して厳しい見解を示す記事がまあちょっと多いな、ということから、”執拗に責め立てる”という意味で『アサヒる』という風に使うんだそうです・・・。」

ハア??????

なんと、全く違う意味の言葉だったことにされているのである。
いや、驚いた。ネットを見てればどうやったってこんなの間違えようがない。日本テレビはこのシーンで、公共の電波を使って完全に意図的な嘘情報の流布をやったわけである。なりふり構わぬ雰囲気を感じるが、ネット上の世論に対し、普段ネットを見ない人々に捏造情報を流して対抗しようとでも言うのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »