« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木曜日)

「中国内での混入を否定」中国当局記者会見:毒餃子事件(2/28)

今朝ニュースで日本時間の午前11時からギョーザ中毒事件で中国公安当局の記者会見があると聞いていたので「期待」していたが、やはり内容は「期待」した通りだった。

中国公安、国内混入を否定・ギョーザ中毒事件 日本経済新聞(2/28)
>【北京=尾崎実】中国公安省の余新民刑事偵査局副局長が28日午前、中国製冷凍ギョーザ中毒事件の捜査状況について北京で記者会見し、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」について「捜査の結果、中国で混入された可能性は極めて低い」との見解を示した。

日本側捜査当局が日本国外での混入をほぼ断定しているのに対し真っ向からそれを否定する内容。しかもおまけつき。

>日本の警察当局に対しては、物証や鑑定結果の提供を申し入れたが拒否されたとして「深い遺憾」を表明した。

さあ、日本側が証拠物件の提供を拒否したとまで言い始めたよ。これにはさすがに日本側も黙っているわけにはいかなくなった。

2008/02/28-18:52 中国側見解「看過できない」=科学的データ提供を-ギョーザ事件で警察庁長官 時事通信(2/28)
中国側発表「看過できない」…警察庁長官が反論 読売新聞(2/28)

>中国公安省幹部がギョーザ中毒事件の物証提供をめぐり警察庁の対応を批判したことに対し、警察庁の吉村博人長官は28日午後の記者会見で「看過できない部分がある。公安省側に役立つ資料はすべて渡しており、『遺憾』と言われるのは理解できない」と反論した。

ま、そりゃそうだろ。中国側の記者会見内容は基本的に中国側では見つかりませんでした、知らぬ存ぜぬの内容だけ。これまで出てきている日本側の物証を覆すなんらの新証拠も示さず、最後に日本の捜査当局をネガティブ宣伝。まあ何と言うか、どんな証拠をつきつけても自分の非だけは死んでも絶対認めない文化習慣て感じね。信用よりも面子を重んじるのが彼らなのか。しかし前記事のようにマスメディアがどう伝えようとも、日本の消費者は正直だ。自分達が口にするものの問題となれば当然だ。以下は事件が発覚したあとのある日、閉店間際の時刻の千葉市内の某スーパーで買い物中の施設長がたまたま目撃して撮影したものである。

Ninniku





(クリックで拡大)

そういやにんにくって確かにこれまで中国産がよく出回ってたが、画面右、かたや国産は一個258円、売り切れ。かたや中国産、三個で99円、国産より実に8倍安い。けど閉店時間前で山積みの売れ残り。
あたりまえだが信用は面子よりも大事にした方がよいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土曜日)

中国製”毒餃子”事件、マスメディアの異常な言論空間(2/2)

全くギョーザも安心して食えないとは酷い世の中である。
さて、今回の中国製毒餃子事件、毒性の強い農薬メタミドホスがどのようにして問題の冷凍食品に混入したか等、真相はまだはっきりしたわけではないので事件そのものについてのコメントは置いておく。しかしいずれにしてもま~たやらかしてくれたのが日本のマスメディアである。今日はその話題。

ネットで話題になってたのは1月30日テレビ朝日の報道ステーションでこのニュースが伝えられたときの古舘伊知郎氏と加藤千洋氏のコメントである。YouTube等動画サイトに問題の番組シーンがアップロードされまくってた、が、必死に削除しまくってるらしく以下のリンクも消されるかもしれない点はご容赦。

1月30日テレビ朝日「報道ステーション」問題のシーン
一部書き起こすと、

古舘「中国側は大変な痛手ですね~。」
加藤「真相究明をいい加減にすると中国が不利ですよね。」

古舘「「つまり便利さを追求していく中で、当然のようにしている、使っている、食べている製品が、こういうことが起きてくると、やっぱり今まで浮かれた生活をしていた部分がなかったのかというようなことも考えなけりゃいけないと思うんですね」

5歳の少女が一時重体にまでなる事態に至っても開口一番言うことは中国側の痛手が心配とは一体何事か。他局のニュースでは問題の冷凍食品の商品名のリストが何度も読み上げられ、「もし該当の製品があった場合は絶対に食べないで下さい」と呼びかける内容が繰り返し放送され、緊迫した雰囲気だった最中のことである。
さて、もう一つこちらは30日の報道ステーションほどの話題にはなってないので、以下は2/2現在、YouTubeでもデリられてないようである。こちらは日本テレビの「おもいっきりイイ!!テレビ」で同事件について触れられた際のみのもんた氏の発言内容である。

まあ、聞いていこう。

みの「まあいろいろあるでしょうけど一番の問題はね、一ヶ月前に起きたことがね、一ヶ月も経ってこういう事態にならなきゃいけないっていう今の日本の社会のありかたがおかしいんですよ。」

いいえ、全くそうは思いませんが。日本の社会のありかたを変えたら中国は毒餃子を作らなくなってくれるとでも言うのでしょうか・・・。

みの「まず人のことを責めるよりまず自分達の国がどうなってるかですよ。一番いい例がね、ついこないだまで、名門と言われるお料理屋さん、名門と言われる食品加工。いろんなところでこういう不祥事がもうやたら起きてるんですよ。政治の世界を見てごらんなさい。暫定税率の問題、25円10銭上げるの上げないの・・・(以下省略)」

何でそこで「人のことを責めるより」になるんだか?何でそこで全く別の問題についてのお説教を始めなければならないのか?あまりの強引な話しの持って行き方。もうわけがわかりません。

みの「・・・とにかく今日本の世の中どっかが壊れてます。」

一番壊れているのはみのもんたさん、あなたの頭の中です。
例えば、以前起きた米国産のBSE牛肉問題のときに、古館氏は日本の消費者そっちのけで「米国は大変な痛手ですね」などと言っただろうか?みの氏は「人を責めるより自分達の国が」云々言っただろうか?まあ、お陰で当施設の話題のネタが尽きないのではあるが、日本のマスメディアのいくつかにとって特定アジアを批判することだけは何かどうあってもしてはならないこと、と強烈な刷り込みでもされているようにしか見えない、まさに異常な言論空間と呼ぶにふさわしい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »