« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月 6日 (水曜日)

毒餃子事件、6月に中国側でも被害:中国外務省が認める(8/6)

さて、暑い日が続きます。半年ほど前、寒い冬の時期に日本中を騒がせたあの毒餃子事件に後日談が転がり込んできました。

中国外務省、冷凍ギョーザによる中毒の国内被害を認める 読売新聞(8/6)
>中国製冷凍ギョーザ(餃子)中毒事件に絡み、中国外務省は6日、報道官談話を発表し、製造元の「天洋食品」(河北省)が事件後に回収したギョーザで、6月中旬、有機リン系殺虫剤メタミドホスによる被害が出ていたことを初めて公式に認めた。

とりあえずこれで、これまでこちらからいかなる情報を挙げても「中国で混入した可能性は極めて低い」と主張し続けて捜査を打ち切っていた中国側は態度を変えざるを得なくなった。
回収した餃子の流通経路、また被害者の人数、状況等は不明とのこと。それにしてもだ、上記読売新聞ほかいくつかのメディアが伝えているが、

回収ギョーザが流通、中国でも中毒 TBS(8/6)
>ところが6月中旬、中国国内でも、問題の天洋食品のギョーザで中毒が起きていたことがわかったのです。原因は同じメタミドホスと特定されました。
>事件の発覚後、天洋食品は日本に輸出される前のギョーザを回収しましたが、一部が中国国内で流通し、それを食べた複数の中国人が中毒症状を訴えたということです。

いやあ、事件後に回収した餃子がまたどっかから流通するってところが凄いねえ。かの国のこと、もう何聞いても驚かねーぞと思ってたんですが、驚きました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »