« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日曜日)

ヤジに橋下知事が猛反撃:教育問題を考える府民討論会(10/26)

勢いに乗って大阪府の橋下知事についてニュースがもう一つ。
26日、大阪府の橋下徹知事は教育問題を話し合うための大阪府立大ホールで開かれた「府民討論会」に出席、学校に通う児童・生徒の保護者や教職員など700人の府民参加者の中で抽選で選ばれた15人の発言者と意見を交わした。持論を展開する橋下知事に教育関係者と思われる人から激しいヤジが浴びせられると、怒った知事は「こんな先生方には子供たちを任せられない」と猛反撃した。また、発言に立った教員と見られる一人が中山成彬前国交相の日教組批判に橋下知事が理解的な発言をしたことに謝罪を求めると、「中山氏の発言はまさに正しい」ときっぱりと撥ね付けた。

橋下大阪府知事、教育行政のアイデア聞くため府民と討論会 一部出席者からはやじ FNNニュース(10/26)
>しかし橋下知事が、基礎学力の向上など教育への持論を主張すると、一部の教職員とみられる出席者からはやじが飛び出し、紛糾した。
>橋下知事は「こんな先生方、こういう状態にならないように。子どもたちをこんな(やじを飛ばす)先生方に任せてられないですよ。僕は絶対任せてられない!」と訴えた。

<大阪>「大阪の教育を考える」討論会で橋下知事が激論 ABC Webニュース (10/26)
>中山前国土交通大臣の「日教組批判」に理解を示した橋下知事に対し、発言に立った教員が謝罪を求めると、会場からは加勢するヤジも飛び出しました。
橋下知事、教育めぐり討論 ヤジに「中山発言正しい」 共同通信・47NEWS (10/26)
>知事が興奮気味に「子どもたちをこんな人たちに任せられない。(日教組批判などで国土交通相を引責辞任した)中山成彬氏の発言はまさに正しい」と述べると、拍手と怒鳴り声で異様な雰囲気に包まれた。

橋下知事がヤジを飛ばして騒ぐ客席に壇上から怒る映像を見て、何年か前の話し、高知県の橋本大二郎知事が成人式のスピーチ中に騒ぐ客席の新成人達に激怒して壇上から彼らを怒鳴りつけたシーンとダブってしまった。まあ要するに、今の日本、この教育者にしてあの新成人達ってことだ。
保護者など含め出席者700人とのことだが、上述FNNやABCの動画の音声を聴く限り、橋下知事が「中山発言は正しい」と言ったときも「子どもたちをこんな先生方に任せてられない」と言ったときも場内に大きな拍手が沸き起こっているのが印象的だ。日教組教師に対し、橋下知事のように腹に据えかねている人がそれだけいるということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土曜日)

高校生達の背後に見える大人の影:橋下知事と高校生の意見交換会(10/23)

23日、大阪府の橋下知事は府の財政再建策の中で私立学校への助成金削減を打ち出したことなどに関して、府内の高校生12人と意見交換会を行った。20分の予定が大幅に伸びて1時間半以上に渡るなど、各メディアの見出しにもある通り激しいやりとりとなった。

大阪・橋下知事、私学助成金削減めぐり高校生と意見交換会 「日本は自己責任が原則」 FNNニュース(10/23)
助成金削減「笑えません」、私立高生ら橋下知事と激論 読売新聞(10/23)
橋下知事、高校生と熱く議論 財政難訴え「皆で我慢を」 朝日新聞(10/23)

しかし、純真なはずの高校生にしてはどうも言ってることが少しおかしい。私学助成金の議論については細かい話しはあろうが、「家が貧しくてなおかつ学力的に公立には行けなかった」って、そりゃもっと勉強しとけよってだけだろう。幼稚園から大学院まで全部公立だった施設長的には彼らの主張のロジックは正直理解に苦しむ。もちろん私学には私学の社会貢献、公立学校にできない教育のユニークさがある。私学への政府・自治体からの支援を全て否定するつもりはないが、少なくともどこの公立に行く学力がなかったから私学に行った者に、本来税金などはっきり言ってビタ一文も出してやる必要はない。それこそ税金の無駄遣いだ。その分公立学校に予算を回し裕福ではない人をより多く受け入れればいいだけの話だ。そして更にはこんなセリフが飛び出す。

>「ちゃんと税金取っているなら、教育、医療、福祉に使うべきです。アメリカ軍とかに使ってる金の余裕があるのなら、ちゃんとこっち(教育)に金を回すべきです。」

はあ~?だいたい、大阪府は府内に在日米軍施設は一つもない自治体だ。そんな話しを大阪府知事に言ってどうするんだ。さあにわかに雰囲気が怪しくなってきたぞw。さて、橋下知事と意見交換会を行った「大阪の高校生に笑顔を下さいの会」とはどういう人達だ・・・、と思ってググったらはい、出てきました。

大阪革新懇
>「大阪の高校生に笑顔をくださいの会」結成に高校生34人参加
> 4月13日の「どうする!?どうなる?!これからの世界と日本~日本共産党綱領から見る」学習会に100人が参加。「世界の話を聞くと平和も環境問題も自分たちの活動が、世界では本流なんだとわかって元気が出た」など感想が多数寄せられた。また4月20日には「大阪の高校生に笑顔をくださいの会」が発足。橋下大阪府知事が「子どもが笑う、大人も笑う大阪に」と言っているけど、高校の私学助成削減など、・・・

民青ニュース「チャレンジャー」 2008年4月21日
>「大阪の高校生に笑顔をくださいの会」が4月20日に結成!結成会には、高校生34人をふくむ71人が参加!!
>結成会に参加した高校生が、民青に入ってくれたよ!

何だ、民青かよ。民青(日本民主青年同盟)、革新懇、これらは事実上日本共産党の下部組織と言ってよい。要は高校生の団体の仮面を被り背後にいるのはプロ市民団体である。マスメディアはこのことは全く触れないが、特定の左翼政治団体の大人が子供達に上述のようなことを吹き込んで言わせていたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日曜日)

日本、10回目の非常任理事国に:国連安保理

17日行われた国連総会にて、国連安全保障理事会の非常任理事国5カ国を選ぶ選挙で、日本はイランを大差で破って当選した。当選10回は加盟国最多となった。

【主張】安保理事国 平和と安全に一層貢献を 産経新聞(11/19)
非常任理事国 発言力を高め「常任」目指せ 読売新聞社説(11/19)
日本の国連安保理常任理事国入り、米英が支持表明 日本経済新聞(11/19)

まあ今回、アジア枠でイランという反米勢力に勝ったから米英も支持支持言ってる面があると思われるがw、米英国連大使の日本支持のコメントのうち、英国連大使の言葉が印象的だ。

> 英国のソワーズ国連大使も「アジアには我々が安保理の常任理事国入りを支持する日本がいる。日本が安保理に戻ってくることは非常に重要で歓迎する」と語った。

戻ってくる、日本が戦前国際連盟で常任理事国の地位にいたことを指して言っていると思われる。G7ないしG8の一員としては70年代から参加している日本、国際社会における能力も責任も随分昔からそれだけの立場にはあることを今一度思い出しておこう。そして、そんな日本がなぜ未だ国連では常任理事国にはなれず、なろうとするとゴチャゴチャ言い出す2,3のヘンな国になめられているのかも今一度確認しておこう、なぜならそもそも戦後の国連がそれだけ歪な組織だからである。

エキサイト翻訳 中国語

これで、「国連」という単語を中国語に訳してみてほしい。繁体字、簡体字いずれも同じである(なお「国際連合」では「国際」と「連合」でそれぞれ直訳してしまうためわからない)。お分かりいただけたでしょうか。この場合は出てきた中国語の訳の方が正しい。「United Nations」を日本語で「国際連合」と訳している方が実態をごまかした訳なのである。今でも、United Nationsとは第二次世界大戦を戦ったこちら側とあちら側のうちのあちら側、「連合国」を意味するのだ。United Nationsという表現を最初に使ったのは1941年アメリカのルーズベルト大統領が最初と言われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »