« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日曜日)

抗議デモ第二弾も再び千人オーバーの大規模デモに:NHK「JAPANデビュー」問題(5/30)

昨日の渋谷NHK前抗議デモ第二弾、当初施設長は別の用があり行けない予定だったのだが、その用の方がキャンセルとなったため、急遽三度渋谷NHK放送センター前に駆けつけたのであった。
二度目の抗議、各団体個別にはもう何度目かわからないが、参加人数が減らないどころか、前回16日より若干増えてるかも。今回大手メディアの中では唯一、産経新聞だけがこの抗議デモを報じた。

日台友好団体がNHKに抗議デモ 産経新聞 (5/30)
>  NHKスペシャル「JAPANデビュー アジアの“一等国”」に出演した台湾人や日台友好団体から放送の内容が「一面的だ」と批判が相次いでいる問題で、草莽(そうもう)全国地方議員の会など15団体は30日、東京、大阪などのNHK施設周辺で抗議デモを行った。

さて、再度当施設オリジナル取材で撮影した動画を掲載する。まずこの中の一番目のデモ動画の参加人数の多さに是非ご注目頂きたい。そしてそれを、上述産経新聞以外は一文字たりとも報じない今のマスメディアの異常性を実感してほしい。

デモ行進編

放送センター進入編

スタジオパーク前編

なお、以上のうち二番目の映像のなかで、デモ隊のうちの数十人が「みんなで抗議の決議文をNHKの渡す」ということで、NHK放送センターの建物内に入る。残念ながら一歩間に合わず施設長は入れなかったが、中に入った人が撮影した映像がネット上にあるので紹介しておく。最初、デモ側は静かに入ろうとするが、中で一部の人がもみ合いになりデモ側の一人の老人男性がNHK職員に転倒させられるや、入り口ロビー内は激しい怒声に包まれる。最後は放送センターの建物内で激しい「NHK解体」コールが沸き起こる。まさに前代未聞だらけの映像だ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木曜日)

敵基地攻撃「憲法で認める自衛権の範囲内」:麻生首相、国会で言及

北朝鮮が再度の核実験を実施したわけだが、地震観測から初回よりエネルギーは強く、実験は少なくともある一定以上の成功はしたものと思われる。先日のテポドン2はあくまで政治ショーであり、即応性の点からテポドンはそれほど脅威ではない。日本にとって脅威なのはそれより前から実用化し主に日本を標的として既に配備されているノドンミサイルのほうだ。これに核弾頭を搭載できるようになれば、本格的に日本の大きな脅威となる。
さて、それを受けての政府の対応ということで、以下は重要な点なので記事に残しておこう。

麻生首相:敵基地攻撃能力「自衛の範囲内」--参院予算委 5/28 毎日新聞
>参院予算委員会は28日午前、(中略)麻生首相は、北朝鮮のミサイル基地などへの攻撃を想定した「敵基地攻撃能力」について、「他に手段がないと認められる限りで、敵の誘導弾の基地をたたくことは法理的に認められ、自衛の範囲に含まれ、可能だ、というのは1956年(の鳩山一郎首相答弁時)から同じだ。先制攻撃とは違う」と述べた。

まあこういった議論のタブーがだいぶ払拭されるようになったのも近年のことで、一昔前から比べると隔世の感がある。確認しておくと政府見解として敵の核ミサイル基地を攻撃するのは現行憲法でも認められる自衛の範囲内。これは1956年の鳩山一郎首相の答弁で述べた時点から変わらない、「これまで通り」の政府見解として言えること。
いざというときに混乱しないためにも、こういう基本的なことはしっかり押さえておくべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日曜日)

東京・渋谷の他、日本各地と台北でこれまでで最大の抗議デモ:NHK「JAPANデビュー」問題(5/16)

いやあ、しかしいい運動になるなあ。オリジナル取材はw。
そんなわけで、先月記事に続けて昨日16日、NHKスペシャル「JAPANデビュー」問題で、これまでで最大規模の抗議活動が行われた。まあ予想通り、当のNHKはもちろんのこと、これを取り上げるメディアが日本国内には皆無で台湾のメディアによるニュースソースで紹介せざるを得ない。予告には出ていたがNHK放送センターのある東京・渋谷のほか、青森、名古屋、福岡とそして台北の日台各地で行われた模様。

NHK媚中欺台報導 台日連線抗議(台湾を欺くNHKの媚中報道に日台合同の抗議活動)  自由時報(台湾)、5/17
>〔駐日特派員張茂森、記者林曉娟/東京─台北連線報導〕為抗議NHK(日本放送協會)報導,站在親中立場以斷章取義的方式離間台日民間關係,台灣與日本各地昨天同步向NHK發起抗議,上千人集結要求NHK對扭曲報導道歉。
(〔張茂森駐日特派員、林曉娟記者/東京-台北連携報道〕親中的な立場に立ち恣意的に情報の断片のみを伝え日台の民間関係を離反しようとしたとして、NHK(日本放送協会)の報道に対する抗議のため、台湾と日本各地で昨日NHKに対する抗議デモが行われた。千人を超える人々が集まりNHKに対し歪曲報道への謝罪を要求した。)

そして、この東京・渋谷での抗議活動を当施設でオリジナル取材した。渋谷での抗議活動ではデモの前に屋内の会場で集会が行われ、著名人によるリレートークが行われた。チャンネル桜代表の水島総氏を司会に、台湾関連で、また保守系言論でお馴染みのメンバーが集結し大いに盛り上がる。特にあの前航空幕僚長の田母神俊雄氏が途中から会場に到着しリレートークに加わったときには、超満員となった会場を大きく盛り上がらせた。
集会の後、宮下公園に移動、すでにそこはデモから参加の人々が数百人、リレートークから参加していた人々数百人がこれに合流し、公園内は人とプラカード、そして台湾独立派のトレードカラーである緑の風船で埋め尽くされた。
さて、そこから先は初公開、当施設オリジナル取材動画で抗議デモの模様を是非ご覧頂きたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »