« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月 3日 (土曜日)

東京当選ならず:2016年五輪招致(10/3)

8月から減量のため始めた水泳に凝ってる施設長です。先日のシルバーウィークでは用事も多かったので毎日はできなかったものの、5連休とその次の土日合わせて一回2kmを計5回、約10km泳いでました。本日も2km泳いで帰ってきて書いております。
さて、昨夜デンマークのコペンハーゲンで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会で2016年のオリンピック開催地の投票の結果、リオデジャネイロが当選。東京は当選できなかった。
インフラ、財政、治安など、開催能力面では東京が他に負けることはないだろう。ただ、「なぜ今二回目の東京か」の部分の主張がいまひとつ弱かったというところか。高度成長期の頃の開催とはまた違った雰囲気のものとはなっただろうが、もし2016年に東京でオリンピックが開催されれば石原都知事が言うように、盛り上がりと元気を与える効果は充分期待はできただけに残念ではある。
さて、2日のIOC総会ではオバマ大統領など、開催候補地の国の国家元首クラスが出席して各国が推す候補地の応援演説を行った。東京の応援には鳩山由紀夫首相が演説に立った。

首相演説要旨=IOC総会 時事ドットコム(10/2)
>【コペンハーゲン時事】
>鳩山由紀夫首相が2日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で行った演説の要旨は次の通り。
>「2016年の東京五輪開催に向け、私自身の確固たる支援を表明するためコペンハーゲンに来た。
>・・・

持論の環境政策もおりまぜて熱烈に主張してくれたようである。
だがどうも素直に聞けないw。今回石原都知事は鳩山首相をどう拝み倒して応援演説を実現させたのかは知らないが、過去の鳩山由紀夫氏の発言内容を見てみよう。

>鳩山由紀夫メールマガジン  2008年第34号(通算第362号)   2008/8/28
>・・・
>2016年の東京オリンピックの招致については、その必然性に首を捻らざるを得ません。「そんなお金があるなら、もっと国民の生活のことを考えろ」・・・

http://archive.mag2.com/0000074979/20080828114103000.html

>鳩山由紀夫メールマガジン  2007年第15号(通算第294号)   2007/4/12
>・・・
>(都知事選の)勝利の瞬間からあの傲岸不遜の石原氏が復活していましたが、オリンピックなどという 時 代 錯 誤 的 発 想 もさることながら、都民の意識に唖然としています。・・・
http://archive.mag2.com/0000074979/20070412182937000.html

落選は残念なんだが、これで勝てたら他の候補都市に恨まれちゃいそうだな・・・w。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »