« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月28日 (月曜日)

映画紹介:「海角七号/君想う、国境の南」

早いもので今年ももう年末、年の瀬の銀座で映画を見てきました。そんなわけで当施設初の映画紹介記事と行ってみよう。
この映画が台湾で公開されたのはすでに一年ちょっと前で、ようやくの日本公開。なので話しには伝え聞いていたこの映画、昨年台湾で国産映画としては史上空前、洋画を合わせても「タイタニック」に次ぐ史上二位の興行収入を記録し、台湾では社会現象となった作品である。噂はかねがね聞いていたので、是非見てみようということで公開初日の26日に銀座に見に行った。

「海角七号/君想う、国境の南」公式サイト

上記公式サイトのトップページを開けばすぐに予告編動画が再生されるので是非見ていただきたい。
ストーリーの詳細に触れた話しはここでは伏せておこう。とにかくまず見て日本人的にいきなり度肝を抜くのが日本語の台詞の分量だ。全編の三割くらいは日本語だったのではあるまいか。何も知らない人に説明抜きでいきなり見せれば邦画だと勘違いするだろう。だが、60年前の手紙が読まれるシーン他、日本語のシーンも全部オリジナル音声であり日本向け吹き替えではない。
そしてもうひとつ、物語はあくまで60年前と現代それぞれの恋愛ドラマ、という内容であり歴史に関して云々言う場面は全くない。日本時代のことが別に「よかった」とも「悪かった」とも一言も言う場面などないが全編に「事実をして語らしめる」的に伝わってくる日本統治時代を捉える雰囲気、この映画では日本統治時代を何か忌まわしい過去のようなものではなく、明らかにノスタルジーの一部として描かれていることだ。そのことと、そして前述の通りそのような映画が台湾で史上空前の大ヒットをしたという二つの事実を、どっかのマスメディアの言うあることないことの反日言論に毒された戦後日本人は、刮目して見るべきだろう。
物語自体の感想を言えば、主人公の阿嘉(アガ)と日本人女性友子が前半あれだけ険悪だったのが、お互い挫折を抱えている同士という共通点からか、恋仲に変わるというところにもうちょっとの説明がほしいというか若干唐突に感じた部分はあった。だがコメディタッチのどたばたもテンポよく面白ければ、何より60年前と現代それぞれの恋愛の物語が一気にクライマックスに突入するラストはとてもよかった。
最後にもうひとつ、この映画の日本公開のニュースが伝えられているが、

蓮舫参院議員:「これだけは仕分けられない…」 台湾映画「海角7号」日本公開 毎日新聞(12/26)
蓮舫氏、映画の事業仕分けは「出来ません」 SANSPO.COM(12/27)

初日は出演者による舞台挨拶があったのは見たのだが、施設長が見た回にはいなかったので民主党参議院議員の蓮舫氏も来ていた事実は後で知った。まあ事業仕分けの件はともかくとしてw、自身も日本人と台湾人とのハーフである蓮舫氏の登場でこのようにニュースにもなり日本でのこの映画の宣伝に貢献してくれた点は素直に感謝しておこう。

26日の銀座、大阪での公開以降、日本全国で順次公開されるとのこと、興味を持たれた方は是非見に行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月13日 (日曜日)

マスメディアの言う”庶民感覚”なるものとは(12/13)

普天間移設問題では鳩山首相の「トラストミー」が裏切られた形になりアメリカが激怒。米政府は日本側の次の首脳会談の申し込みを事実上拒否、日米関係がかなりまずいことに。そして、民主党訪中団だか、626人に及ぶ大朝貢…、あわわ大訪問団。民主党国会議員143人が列をなして胡錦濤主席と握手会だか。挙句みやげは、習近平副主席の天皇訪問で一ヶ月前申請の外交儀礼ルールの踏み倒し要求を丸飲みと。予想はしていたがここまで異常なる外交政策が現実のものになると戦慄する思いである。当施設の話のネタが尽きないのはいいんだが、最近忙しいので話のネタは小出しにしてくれよ民主党さんよ。

さて、ネタが多すぎるしネット上では一通りツッコミが入っているようなので今日は違う話で行こう。これもネット上で指摘が挙がっていたものである。

首相動静-12月12日  朝日新聞(12/13)

>【午前】公邸で過ごす。
> 【午後】0時25分、東京都大田区の上島熱処理工業所を視察。2時28分、千葉県松戸市のNPO「全国ボランティアナースの会 キャンナス松戸支部」を視察。(中略) 6時59分、東京・北青山の会員制クラブ「ウラクアオヤマ」。スイートルームで友人らと食事。10時3分、公邸。

昨日の鳩山首相の行動記録の中での北青山での友人らと食事した会員制クラブについてどのようなものかネットで話題になっていた。

uraku青山

えーと、どのようなサービスと料金かというと、入会金が個人会員…1,575,000円、年会費…378,000円、入会資格はすでに入会されている会員2名様の推薦とクラブ基準の面接の実施、それと、会則による入会基準を満たされている方ですか。ほお、さすが鳩山総理、豪華だね。
ただ、一国の総理大臣にしてかの名門鳩山家の長男がこの程度の贅沢をすることそれ自体には、施設長は文句言う気は全然ないのだ。問題はだ、いつものことながらマスメディアの扱いだ。

あれえ?麻生政権のときはこういうときどう報じてたっけ??ホテルのバー通いがどうたら、麻生氏は庶民感覚とかけ離れててどうたら、散々騒ぎまくってなかったか?麻生前首相が飲んでいたものは一杯千数百円くらい、確かに安いわけではないが平均的なサラリーマンでも手が届かないというほどのものでもない。正確に評価するなら大物政治家にしては人との会食をホテルのバーラウンジ程度で片付けるのはむしろ簡素な印象だ。もちろん鳩山氏が行った会員制クラブとは比べものにもならない。さて、昨年、麻生氏の「バー通い」報道当時のニュースソースがネット上で挙げられ当時の鳩山氏の発言にもツッコミが入っていたので紹介しとこう。

首相の「ホテルのバー」で場外戦 鳩山兄が弟に苦言 2008/10/24 産経新聞
>「弟が庶民感覚から外れていると、兄貴の私もそうだと思われて迷惑する」
>民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日の会見で、弟の鳩山邦夫総務相が同日の記者会見で麻生太郎
>首相の高級ホテルのバー通いを「喫茶店でお茶を飲むのに毛の生えたような話」と語ったことに不快感を示した。
>鳩山兄弟は政界で屈指の資産家だ。弟の発言による自身のイメージダウンを恐れたのか、由紀夫氏は
>「首相が行くのは超一流ホテルのバーで、庶民感覚からすれば安いとはいえない。こういう発言は弟にも
>慎んでもらいたい」
とおかんむりだった。

当時麻生内閣で総務大臣だった弟の邦夫氏が「ホテルのバー程度は大したものではないじゃないか」と反論した際の由紀夫氏の発言だ。「庶民感覚」において弟を叱る由紀夫氏の「庶民感覚」なるものはまあ上述の通りと。
朝日新聞は鳩山首相が高級会員制クラブに行っているのは承知でしらばっくれて上述のように調べなければわからない程度にたった一行触れ、鳩山首相の「庶民感覚」について触れることなど全くない。

マスメディアが語る「庶民感覚」などというものはここまでの不正確な話しだったのだ。
皆さんに一言聞きたい。


騙された奴はいないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »