« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日曜日)

防衛産業へのサイバー攻撃事件、中国に捜査要請→中国から回答なしw(11/27)

ちょっとウケたので記事にしとこう。

サイバー攻撃、中国へ捜査要請 政府、首脳会談で言及も  47news,11/27
>大手防衛産業の三菱重工業がサイバー攻撃を受けた問題をめぐり、日本政府が9月下旬、中国国内に発信元がある可能性が大きいとの見方を強め、中国政府に捜査協力を要請していたことが26日、分かった。政府関係者が明らかにした。

このニュース、ネット上では「犯人に捜査協力を要請するとか、政府はバカか??w」、といった反応が多く見られたが、まあそうは言っても一応主権国家同士、相手国家自身が明らかに疑わしかろうがそういう手順を踏まざるを得まい。ここは日本政府の対応に悪口を言うところというよりは、ウケるべきは中国政府側の反応だ。

>中国側は「関係当局に連絡する」と応じたものの、約2カ月にわたって実質的な返答がない状態が続き、日本側の捜査が行き詰まっている。

回答なし、ですかw。捜査が行き詰ってるっつか、おかげで犯人はわかったでしょっつか・・・。なんか適当に白々しい反応でもしとけばいいのだが、中国側もあまりにも白々しすぎて阿呆な反応を返す気にならなかったとかか。まあ「はい、犯人ですが何か?」って言ってるようなものですね・・・w。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾の若者対象に調査、「最も友好的な国」、一位に日本(11/23)

しばらく更新をしてない間にもう冬が近づいてまいりました。少し日が経ってしまったが記事にしておこう。

日本は「最も友好的」=中国は「非友好的」-台湾調査 時事通信 11/23
>【台北時事】台湾の社会福祉団体「金車教育基金会」が高校生や大学生を対象に行った国際観に関するアンケート調査で、台湾の若者がなお日本を最も友好的な国だと思っていることが分かった。一方で、最も非友好的な国は依然、中国としており、経済・貿易関係が日増しに深まっている半面、対中感情は一向に改善していない実態も浮き彫りになった。

ネット上のニュースソースでは、この時事通信のほか、2、3のニュースサイトが伝えているくらいで、例によってこういう内容のニュースは日本ではなかなか伝わりづらい。
もちろん大変ありがたい話であるとともに、日本にとって大事にすべき友好的な国がどこかってことを今一度確認しておきたい。

>調査によると、「台湾に友好的な国はどこか」との質問(複数回答)に、過去最高の56.1%が日本と答え、3回連続で首位だった。2位は米国の39.7%。他方、「友好的ではない国」には87.9%が中国を挙げ、2005年の調査開始以来、4回連続でトップとなった。2位は韓国の47.4%。

一方、「友好的ではない国」ぶっちぎりトップはやっぱり中国なんですかw。いくら経済・貿易関係が深まっていようが、そりゃまあ普段から「お前の土地は俺のもの、認めなければ戦争だ」とか言ってりゃあたりまえでしょと言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »