« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月18日 (日曜日)

韓国大統領、慰安婦問題を出して対日強硬姿勢:日韓首脳会談(12/18)

さて、早いものでもうすぐ年末、とりあえずこのニュースは記事にしておこう、

李大統領「慰安婦問題、優先的に解決を」 日韓首脳会談 朝日新聞(12/18)
>野田佳彦首相は18日午前、京都迎賓館(京都市)で韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。韓国側の代表取材によると、李大統領は会談で「両国関係の障害になっている慰安婦問題を優先的に解決する真の勇気を持たなければならない」と述べ、元日本軍従軍慰安婦の補償問題への前向きな対応を求めた。

日韓首脳会談 首相「慰安婦の碑」撤去を要請 産経新聞(12/18)
>野田佳彦首相は18日午前、韓国の李明博大統領と京都市の京都迎賓館で会談した。反日団体がソウルの在韓日本大使館前に「慰安婦の碑」を設置したことについて「誠に残念だ」と述べ、早期に撤去するよう求めた。

任期切れまであと1年の李大統領、このところの支持率低迷と韓国世論からの突き上げがかなりあったのか、思いつくことはやはりまたそれかよ、という印象だ。野田首相は慰安婦問題を「解決済み」とし、先日日本大使館前に反日団体によって建てられた慰安婦問題を訴える少女の像だかの撤去を要請した、と報道されているが、もちろんそれは当然のこと。まあ、韓国の日本大使館前での反日集会に参加するイカレタ国会議員もいる民主党政権だけに万が一にも非常識な対応をしたりしないか、正直心配したが、ここまでは大丈夫だったようだ。まあこれは最低限と言わせてもらう。
心配なので何度でも確認しておくが、まず第一に、慰安婦問題なるものは「あったとしても」解決済み、1965年の日韓基本条約で、国家賠償はもちろん、個人賠償も、そして北朝鮮の取り分も、「韓国政府に支払済み」が確定している。いかなる理由があろうと、これ以上の賠償要求は完全に筋違いなのだ。
そして、第二にこの「慰安婦問題」なるもの自体だ。報道では「従軍慰安婦」なる用語が使われる例が未だ散見されるが、「従軍慰安婦」なるものは戦後作られた造語であり、日本軍がいる場所で将兵を相手に商売をしていた民間の慰安所があっても、軍属として「従軍」などしていた者はいない。まして日本軍や日本政府が女性を強制連行して慰安婦にさせたことを示す史料証拠は今のところ全く出てきていない。そのような内容らしきことを「証言」する元慰安婦という人達がいるが、そういう人達の中には同じ人物でインタビューの時期と場所により、証言内容が変わる、証言内容に不自然な部分がある、などの人物が何人もいて、その信ぴょう性は極めて低いと言わざるを得ない。
もういい加減同じこと言うのは飽きてくるが、何度も蒸し返される限り、何度でもツッコミを入れ続けるべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »