« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月22日 (水曜日)

「南京大虐殺はなかった」改めて主張:名古屋市の河村市長発言(2/22)

すいません、更新がだいぶ空いてしまいましたが、ここ1,2日にちょっと面白いことになってるニュースがあったので記事にしときましょう。

「南京事件なかった」と河村名古屋市長 中国共産党の市常務委員に「互いに言うべきこと言おう」 (産経新聞,2/20)
>名古屋市の河村たかし市長は20日、同市役所を表敬訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員らとの会談で、旧日本軍による「南京大虐殺」について「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったと思っている」と発言した。

名古屋市の河村市長というと地域政党「減税日本」を率いて選挙で既存政党に勝ったりなどで話題になっていた人ですが、姉妹都市南京市の幹部と会談しての場面でこんな発言があったんですね。
それに対し、まあ予想通りというか、中国側は反発。

名古屋市との交流停止=河村市長の発言受け-中国南京市 (時事通信,2/22)
ネット上で高まる反日感情=「名古屋に圧力を」-河村市長発言・中国 (時事通信,2/22)

勝手にすれば??、と言ってやりたいのはまあ抑えて・・・w、予想通りの中国側の反応に対して、名古屋市の河村市長は改めて「発言の撤回はない」と明言した。

河村市長、南京事件発言「撤回も謝罪もしない」 (読売新聞,2/22)
>名古屋市の河村たかし市長は22日、友好都市提携を結んでいる中国江蘇省南京市政府が名古屋市との交流を一時停止する考えを明らかにしたとの報道について、「南京市との友好関係は不変であり、これまでに重ねてきた交流を今後も継続していきたい」などとコメントした。
> 一方、発言については「撤回や謝罪するつもりはない」と述べた。市役所で記者団の質問に答えた。

知ってる人は知ってる通り、この問題に関してはやれ30万人虐殺だ万人坑だ百人斬りだ、ニセモノ写真に、未だ作られるプロパガンダ映画に・・・、とにかく日本を貶める嘘八百言説のオンパレードが跋扈している。そしてその中国のあることないことないことないことの反日言説に迎合する人間が、一部サヨクやマスメディアなど、始末の悪いことには日本側にいる現状がある。これに問題意識をもち、打開しようとする人が政治家に現れてくれるのならば非常に重要なことだ。
まあこのあとひょっとすると、日本国内の主には左派系の政治家、マスメディアからも、河村市長へのバッシングが起きる可能性もある。河村市長がそれに対しどこまで頑張ってくれるかは注視する必要があるが、ともあれ応援しておく。よく言ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »