« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月26日 (水曜日)

第二次安倍内閣発足、吉田茂以来戦後二度目の首相再登板(12/26)

気がついたらもう年末でした。寒いですね。
さて、衆院選の結果を受けて発足した第二次安倍内閣、新藤義孝氏や稲田朋美氏など保守系と言われる人たちの次々の入閣もうれしいながら、安倍氏の盟友である麻生元首相が副総理、財務、金融相として共に政権に返り咲きというのもやはりどうしても期待したくなる。以前の政権のときは安倍氏も麻生氏もあれだけのバッシングを受けて短命政権に終わったが、以前の安倍内閣はたった1年で通した法案の数と内容は優れていたし、麻生内閣の景気対策の腕は確かだった。
ただしもちろん、これでまた例によって、トカゲよりも毛虫よりもなぜか保守が嫌いなサヨク趣味のマスメディア達が、あの手この手で政権の足を引っ張ってくるだろう。まあそれが当施設的には話題のネタではあるのだが。

「マスコミの批判、中傷に耐えるガッツを」 安倍総裁が新人議員に訓示 (産経新聞,12/26)
> 自民党の安倍晋三総裁は26日、党本部で開かれた初当選議員の会合で訓示し、“新人心得”として、(1)地域の人々の悩みを共有し、政策に反映させるべし(2)自民党57年の伝統にあぐらをかかず、変化する勇気を持つべし(3)マスコミの批判、中傷に耐えるガッツをもつべし-の3カ条を披露した。

今度はそのようなものにも負けずに是非成果を挙げてほしい。
来年よいニュースが多く聞けることを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »