« 2013年3月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土曜日)

台湾先住民族に対する差別表現でNHKに賠償命令:NHK「JAPANデビュー」訴訟、控訴審で原告逆転勝訴(11/28)

見に行くのを楽しみにしていたアイソン彗星消滅のニュースにがっかりの施設長です。まあ確かにかなり極端な軌道の彗星だったのでまさかとは思ってましたがまさにイカロスの翼状態・・・。orz
さて、一方こちらはうれしい驚きのニュース。

「人間動物園」は差別表現…NHKに賠償命令 読売新聞(11/29)
>日本の台湾統治を検証したNHKの番組で名誉を傷つけられたとして、出演した台湾人ら42人が損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は28日、原告側の請求を退けた1審判決を取り消し、台湾人の80歳代女性に100万円を支払うようNHKに命じる判決を言い渡した。

「民族の誇り認められた」台湾パイワン族指導者ら安堵 NHK番組訴訟で逆転勝訴 産経新聞(11/28)
NHK、逆転敗訴 東京高裁が番組巡り賠償命じる 日本経済新聞(11/28)

今から4年半ちょっと前の平成21年4月5日に放送されたNHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」の内容が、パイワン族の出演者・高許月妹さんへの名誉毀損に当たるとして、NHK に対し100万円の支払いが命じられた。
早いものであれからもう4年以上経つんですね。当施設でも抗議デモの様子などを何度かオリジナル取材したのが懐かしい限り。
史上最大八千人原告団NHKを提訴+抗議第4弾山手線作戦編:JAPANデビュー問題(6/25,6/27) なぞの施設AREA09annex ('09/6/28)

東京地裁での一審では原告の主張はほぼ全く認められない全面敗訴だっただけに、正直施設長もこの控訴審にもあまり期待はしていなかったのだが、予想に反して一審とは全く真逆の逆転勝訴。チャンネル桜のサイトに判決文が公開されているので、興味のある方はご一読いただきたい。問題の番組で著しく事実に反する内容があったこと、親日感情から好意で取材に応じた原告の台湾人を裏切って名誉を傷つける内容であったなど、判決文にかなり踏み込んだ表現があり画期的である。
◆ NHK 一万人・集団訴訟 控訴審 のご案内 - 画期的判決!原告の主張が認められました! 11/28 up! 日本文化チャンネル桜ウェブサイト(11/28)
東京高等裁判所の判決文 同上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木曜日)

パラオ共和国でも義援金募集:台風30号被害(11/19)

えー、大変お久しぶりです・・・。いや、書く気が失せたつもりはなかったんですけどね。むしろ安倍政権発足以降、施設長の中ではニュースな話題が毎日わんさか、言いたいことが飽和しまくってて何から書いていいやらという感じで逆に止まってしまっていたというか。実はそんな感じでした。
さて、今年に入ってからのアベノミクス、そして東アジア情勢についてもぼちぼち記事にしていきたいところではあります。ただし久々更新復活の本日の話題はまたちょっと別のお話。

先日11月7日、史上稀な勢力の台風30号。フィリピンに大変な被害をもたらしたのはニュースでもよくご存知の通り。被災者の方々にはお見舞い申し上げるとともに被災地の一日も早い復興を祈ってやまない。フィリピンの被害状況については多くの情報が日本でも報じられ、すでに被災地支援の動きについても多く伝えられているのだが、あの凄まじい威力の台風30号による被害を受けた国が他にもあることが、日本では未だ意外と知られていない。
それは、一昨年当施設でも現地取材を敢行した国、パラオ共和国である。パラオはフィリピンの沖合いに位置し、今回の台風30号の被害をやはりまともに受けることとなった。マスメディア情報にはないが、外務省のサイトにはパラオ共和国からの要請により日本政府として緊急援助を行ったことに関する情報が公開されている。

パラオにおける台風30号の被害に対する緊急援助 外務省
>平成25年11月15日
>1 本15日,我が国政府は,パラオ共和国における台風30号の被害に対し,同国政府からの要請を受け,国際協力機構(JICA)を通じ,200万円相当の緊急援助物資(発電機,スリーピングパッド等)の供与を実施することを決定しました。
>・・・

まあ今回の台風30号、最大瞬間風速100何m/sだがなんだかよくわからない数字が報じられていた。それでは台風というよりは台風サイズのそのまんま竜巻が襲来したようなものである。なお、パラオ政府観光局のウェブサイトによれば、幸いパラオ共和国内で台風30号による死者が出たという情報はないとのこと。ただ、パラオ北部の小島であるカヤンゲル州では、住宅や公共施設などの建造物のほとんど全てが全壊するという甚大な被害が出ており、パラオのメレンゲサウ大統領は全土に非常事態宣言が出したとのこと。少なくとも復旧するのに日本政府からの200万円だけではちょっと足りているって雰囲気ではなさそうだ。

台風30号パラオ被害状況と義援金受付開始について [2013.11.19更新] パラオ政府観光局

以上のURLに一昨日より在日パラオ大使館への義援金の送り先が公開されているので、是非支援したいと思った方はご一読してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年12月 »