« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月29日 (金曜日)

年末から今日まで、ここ1か月のニュースより(1/29)

うーむ、相変わらず日々ニュースは多く言いたいことはあるのだが、ここには書きそびれてしまうことが多い。でもここ一か月はなかなかでかいニュースもあり、twitterでは話題にするもののここで触れないのはちとくやしい。
よって、以下この一か月のニュースな話題を駆け足で。

1) 慰安婦問題日韓合意(12/28)
 まあ、正直残念なニュース。20年前の河野談話の頃から少しは進歩はしてくれるかと思いきや、残念ですが変わらなかった。それもそのはず、以下は当施設で紹介した竹島問題に関する書籍紹介だが、ここで触れた一言がすべてを言い表している。
書籍紹介:「竹島は日韓どちらのものか」 (2005年4月16日当施設記事)
>事実よりも感情や理念が先走る韓国側の傾向、論争を避ける日本側の事なかれ主義に原因があると指摘する

双方の国民性が300年筋金入りじゃ、20年くらいでそう簡単に変わるわけがないと考えた方がよさそうだ。今回も同じノリで日韓の交渉をしてしまい、結果予想通りの祖語だらけ。まあまだ延々火種は続くでしょう。あちら側のウソ話で、海外で日本の名誉が傷つけられる現状にもう少し真剣に対抗してほしいものだが、国内で大きく報道されこの問題に疑問を持ち怒りを覚えた日本国民がだいぶ増えたこと自体は唯一よかったことか。

2)台湾総統選、8年ぶり民進党に政権交代(1/16)
蔡英文氏率いる民進党の大勝は予想通りだったが、ともあれよかった。以前の陳水扁政権時代は、立法院(日本の国会にあたる)の議席は国民党が多数のねじれ状態で、政権として脆弱さを抱えていた。だが今度は立法院でも過半数を確保し、前回とは状況は全く異なる。さらには2年前に立法院占拠事件に始まるひまわり学生運動から生まれた政党が議席を取るなどの驚くべき動きもあった。台湾の世論調査でも、自分を「台湾人」と思う人が6割を超え過去最高。1992年には18%未満だった数字から年々増加し、ようやく台湾社会において多数の声となったといえる。経済における中国依存など、もちろんまだ課題は多いが応援したい。

さてここからはここ2,3日以内のニュース。

3) 天皇皇后両陛下、フィリピン公式訪問(1/26)
当施設も取材したことのあるあのパラオ・ペリリュー島に昨年は公式訪問された両陛下、今度は同じく先の大戦でフィリピン人、そして日本人が多く犠牲になったフィリピンのかつての激戦地を訪問された。チャンネル桜が伝えていたが、現地フィリピンのメディアではもうびっくりするほどの特大の扱いで報じられているとのこと。

4) 甘利経済再生担当大臣辞任(1/28)
甘利大臣 現金受け取り認め閣僚辞任を表明(NHK、1/28)
甘利明経済再生担当大臣は、自らの事務所が千葉県の建設会社から現金を受け取ったと報じられたことについて、受け取った事実について認め辞任を表明。今回の事件、週刊文春が報じた内容から、あまりにも怪しすぎな怪事件である。伝えられた内容から以下の事実がある。
 ・本人が受け取った分という50万円。まあ庶民にははした金ではないが、政治献金としては妙に少額。
 ・受け取りのやりとりは最初から隠し撮りで録音・撮影されていた。
 ・さらには本人が受け取った50万円はなぜか紙幣の番号まで記録されていた。

本人も認める事実がある以上は責任を取らされるのはやむを得ないかもしれないし、本人の落ち度の言い訳にはならないという点はお断りした上で言えば、これどう考えたって嵌められた以外の何物でもない。さて、甘利氏を陥れて一体誰が得をするのかが非常に気になるところだ。

5) 復元零戦、鹿児島で試験飛行(1/28)
復元した零戦、鹿屋の空を飛ぶ…操縦は米国人(読売新聞,1/28)
以前当施設記事(所沢航空公園に行ってきました:現存する唯一の飛行可能な零戦3月末まで展示(2/11))で飛行可能な零戦を所沢まで見に行ったことを書いたが、復元した零戦を日本国内でテスト飛行したとのこと。動画がネットのそこらじゅうで公開されているので楽しめる。

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日曜日)

初詣に行ってきました(1/3)

あけましておめでとうございます。さて、平成28年、2016年の年明け、今年も元気にいってみよう。

近年は初詣にも毎年靖国神社に足を運ぶようになりました。昨年末は某国の不逞のヤカラによる爆発物騒ぎがあり腹立たしいこともありましたが、新年もどうやら変わらぬ姿を見せてくれた靖国神社です。今年が良い年になることを祈ってきました。

145182120304114518212825821451821185139_2
145182116832214518213100481451821144100
14518211851391451821156532


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »