« 平成29年初詣(1/4) | トップページ | 「朝日記者と同姓同名」の人物、慰安婦像に「謝罪します」手紙(2/22) »

2017年1月 7日 (土曜日)

慰安婦像設置に日本政府が対抗措置(1/7)

さて、年明けからこれはちょっと面白いことになってきたか。

慰安婦像に異例の強い措置 政府「反日無罪」許さず (産経新聞,1/7)
>政府が韓国・釜山(プサン)の総領事館前の慰安婦像設置をめぐり、異例の強硬な対抗措置に出た。背景には、2015年12月の日韓合意に基づく義務を韓国側が果たしていないことを印象づけることで、国際世論の支持を得られるとの計算がある。年内の韓国次期大統領選も見据え、安易な「反日無罪」はもう通用しないとくぎを刺したい考えだ。

一昨年12月の日韓合意で撤去へ向けた努力を約束したソウルの日本大使館前の売春婦像、じゃねーやw慰安婦像の撤去が一向にされないばかりか、釜山の日本総領事館前にも新たな売春婦像、いやあまたまちがえたw慰安婦像が設置され、韓国政府は黙認状態、対応が不誠実きわまるとして、日本政府がついに対抗措置に出た。
日本政府が今回打ち出した対抗措置は以下の4つだ。

駐韓大使ら一時帰国へ=少女像設置へ対抗措置―政府 (時事通信,1/6)
>(1)長嶺安政駐韓大使、森本康敬釜山総領事の一時帰国
>(2)在釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ
>(3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断
>(4)日韓ハイレベル経済協議の延期

韓国側では日本にしては異例の対抗措置に驚いているという。こっちにしてみれば驚くこと自体が理解不能だがまあしかたない。さて、日本国内のメディアの論調は、と各紙社説を見てみよう。

釜山の慰安婦像 反日では墓穴掘るだけだ(産経新聞社説,1/7)
>遅きに失した感は否めないが、当然の対応だ。法を守らず、事態の悪化を放置する国を信頼することはできない。
>およそ近代国家の体を成さない状況が、自らの国際的信用を失っていることを韓国はよく認識してもらいたい

少女像釜山設置 日韓合意を損なう不法行為だ(読売新聞社説,1/6)
>韓国政治が混迷する中で、対日関係を損なう不法行為が罷まかり通った。憂慮すべき事態である。
釜山の少女像 合意の崩壊を危惧する(毎日新聞社説,1/7)
> 日本として強い不快感を示す外交的措置を取ることは必要だろう。
>ただ、今回の事態で互いの国民感情を悪化させ、合意そのものを揺るがせてはいけない。

韓国との外交 性急な対抗より熟考を(朝日新聞社説,1/7)
> しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。日本政府はもっと適切な外交措置を熟考すべきである。

やっぱり朝日新聞。期待を裏切らない内容であった。ご存知の通り、慰安婦問題なるものは、ことの発端は朝日新聞が垂れ流したウソ話が全ての始まりなわけだが、よくもまあ朝日だけいけしゃーしゃーとこんなことを書くものだ。引っ込みつかなくなってるってのもあるんだろうけど。

それにしても、この売春婦像、うーんまちがえやすいなあw慰安婦像は釜山の日本総領事館前に設置されたもので、韓国国内では55番目だそうだ。さらには米カリフォルニア州グレンデール市の例など海外にも多数設置された場所がある。前から常々思っていたこと、実際には強制連行とか性奴隷とかってのは嘘っぱちなわけだが仮にもしそのような事実があったとしよう。その被害の歴史をうんぬん、平和をうんぬん、の目的だからと言って、被害者女性の像などをそこらじゅうに建てまくったりなどするだろうか。日本人的な感覚から言えば一言で言って違和感全開である。被害の事実を訴えるとしてももうちょっと違う手段を使うというか、どっちかと言えば被害者の像を建てまくるというのはむしろ被害者に対するセカンドレイプになりかねないと思うのだが。

|

« 平成29年初詣(1/4) | トップページ | 「朝日記者と同姓同名」の人物、慰安婦像に「謝罪します」手紙(2/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94498/64733383

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦像設置に日本政府が対抗措置(1/7):

« 平成29年初詣(1/4) | トップページ | 「朝日記者と同姓同名」の人物、慰安婦像に「謝罪します」手紙(2/22) »