« 米政府当惑、慰安婦抱擁に「政治性なし」と説明:トランプ大統領訪韓(11/10) | トップページ | トランプ大統領「真珠湾攻撃」発言の真意(9/4) »

2017年11月10日 (金曜日)

日本軍、幻の決戦兵器、米国立博物館で公開(11/9)

前後したが昨日のニュースソース、しかもさらに何日か前の記事の再掲らしいが、もったいないので記事にしておく。

“幻”の「震電」と「橘花」 米国に現存する日独軍決戦兵器(11/9,産経新聞)

震電と橘花はいずれも旧日本軍が第二次世界大戦末期に決戦兵器として開発、試作機を作ったものの実戦投入には間に合わずに終戦を迎えた幻の戦闘機である。震電は、先尾翼機という独特の近未来的なフォルムを持ち、計画では750km/hというレシプロ戦闘機としては最高速を出せる計画だった。そして橘花は日本初のジェット戦闘機、先にドイツが世界で初めて実用化したジェット戦闘機であるメッサーシュミットMe262の、ドイツから譲り受けた技術資料を参考にして開発された。
当時の写真では見たことがあったが、これらの試作機は終戦後米軍に接収されたのち、米国立航空宇宙博物館(NASM)の復元施設倉庫でひっそりと分解・保管され、半世紀以上も人目に触れることなく保管されていたのだそうだ。現物がまだあるものとは施設長も知らなかった。
それが今回公開されたとのこと、写真は上記産経新聞のニュースソースにてご確認いただきたいが、NASMで現存しているものの写真を見て感動してしまった。NASMでは、ほかに大戦中、世界最大の潜水艦だった「潜水空母」、伊400型に搭載された特殊攻撃機「晴嵐」の現物も所蔵しているそうだ。これも目にできる機会に期待したい。

|

« 米政府当惑、慰安婦抱擁に「政治性なし」と説明:トランプ大統領訪韓(11/10) | トップページ | トランプ大統領「真珠湾攻撃」発言の真意(9/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94498/66027476

この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍、幻の決戦兵器、米国立博物館で公開(11/9):

« 米政府当惑、慰安婦抱擁に「政治性なし」と説明:トランプ大統領訪韓(11/10) | トップページ | トランプ大統領「真珠湾攻撃」発言の真意(9/4) »